なかなか片付かなかった父の遺品整理

父が亡くなり、葬儀や役所の手続きがひと段落すると、いよいよ父の部屋の遺品の片付に手をつようとするのですが、母があまり乗り気でないうえ、物を捨てるのが苦手なタイプなため、あまり進みませんでした。
それでも、父が大量に保有していた本は、ブックオフで売却でき、いい金額での買取となったので、満足感が大きかったです。
古い洋服や靴はそのまま捨てることとなりました。同じサイズの親戚もいないうえ、かなり古びていたので、問題なく片づけることとなりました。
最後まで、片付かなかったのが洋服とベッドで、なかにはクリーニング済みの喪服が多くあり、これは売れると思い、取ってあるのですが、なかなかリサイクルショップに行く用事もなく、タンスの中は片付けることが、できなかったです。
世間でも、孤独死などの問題で、いろいろな遺品整理がマスコミでも取り上げられており、私も実体験で味わってみると、本当に片付かないものですね。
時間と手間を考えると、業者に多額の支払いをしてでも、片づけてもらう気持ちがよくわかりました。