粗大ごみを漁っている人がいました

年に一回の粗大ごみの日なのです。我が家では必要のなくなった古いタンスを出しました。とても重かったですが、父と弟が出してくれたのです。

私は一緒にトラックに乗って行きました。その時見たのです。とても不審な人を見てしまったのです。なんと粗大ごみを漁っていました。まるで物色するかのように漁っていたのです。

昔はよく見た光景ですが、最近ではあまり見る事はなくなりました。その時思い出したのです。私も子どもの時、両親と一緒にこうやって粗大ごみを漁っていた時がありました。まだ使えるものが捨ててあったからです。それはラジカセでした。

ずっと欲しくても、高からと言ってなかなか買ってもらえなかったのです。そんな時、両親と歩いていたら粗大ごみにラジカセが捨ててあったのです。すぐ父は状態を見ていました。使えそうだったのです。

でも持ち帰る事はできませんでした。やはりいけない事だからです。喉から手が出るほど欲しかったです。でもしてはいけない事はできませんでした。