粗大ごみの量を減らすには?ゴミ減量でスッキリシンプルライフを

粗大ごみ、生活していればどうしても発生しますよね。

もともと必要があって手に入れたはずの「家具」

処分したい!そしてスッキリ新しい生活を!とは思うものの、

大抵の自治体では、排出手数料を払わなければなりませんよね。

そのほかの粗大ごみも、自治体によっては、収集してもらうために予約が必要だったり・・・

安心してください。

ここでは、

引っ越しを3年毎に重ね、遺品整理なども手がけた経験のある筆者が、

「家具」のゴミ減量対策を一挙大公開致します。

といっても、大したことはありません。

家具を粗大ごみにしない方法、

それは、

「自分のできる範囲で解体してしまう」ということです。

木製の家具ならのこぎりやペンチ、番線切りなどを使用し、

なるべく小さく切り刻みます。

小さく切り刻んだ木片は、夏のキャンプやバーベキューなどの時に利用したり、

自治体の燃えるゴミの日に出すことができます。

また、組み立てに使用されている釘やビスなどの金属製品は、丁寧に取り外して分けておきます。

これらの金属製品は、金属の日にゴミとして出すなど、それぞれの自治体のルールに従って処分します。

金属製の家具はのこぎりでぶった切る、というわけにはいきません。

そこで、できる範囲で解体し、車に積める大きさにしておきます。

こうすれば、地域の鉄を扱っている業者のところに持っていくことができ、

そこで引き取ってもらえます。

いかがでしょうか?参考にしていただければ幸いです。